まばたき

憧れ

d0114066_092023.jpg




こんばんは。、、、唐突ですが、、、
僕にとっての写真について、少し話しをさせてください。
写真を今のように撮るようになったのは、、
結婚して子供ができてから、、、のように思います。
その当時、僕は友達からもらった一眼レフでただ
何となく、シャッターを押していた、、というか、、
何か、、目的があったワケではなく、、漠然とシャッターを
切っていたように思います。今のように、毎日持ち歩くワケも
なく、部屋の片隅にコロがっているだけで、、何か、、
気が向いたら、、シャッターを押す、、。
そんな感じです。そこに、、子供が生まれて、、
よっしゃ、、。グラビアに出てくるお姉さんのように
かわいく撮ってやろう、、、そんな事を思いはじめたのです。
まだ、、赤ん坊だった娘に対して、そんな風に思いはじめると、、
友達からもらったカメラを売って、その当時、とても高かった
プロが使うような一眼レフカメラを買ったのです。
そして、、かわいく撮るにはどうしたら、、いいんダベ?
我流ですが、、雑誌など頼りにささやかな勉強をはじめました。
勉強という事ではアリマセンね。(僕の中で勉強というものは
も少し、、苦しいモノでしたから、、。)
写真について、興味を持ってはいたモノの、、何か、、
後回しにしていた行為が、少しずつ、、現実的趣味に
変化して来たのです。
まあ、、その当時、、笑えますけど、、、
36枚撮りのフィルムがあったとすると、、
36枚全ての写真が全て、、同じような構図、、
同じような写真、、なんてのは、、しょっちゅうでした。(ニガ笑)
そして、、いつも、、、思うように、、いかなかったのです。(爆笑)
ただ、、その中で時々、、自分でもイイナ、、と、、思える
写真が時々、、たまたま、、撮れた時があったのです。(嬉)
思うようにいかない事が、、苦痛ではなかった事。
たまたま思うようにうまくいった時の喜び。
それがここまで、、僕が写真というモノと一緒にこれた理由では
ないのでしょうか?、、、。
そして、、いつしか沢山の素晴らしい写真を見るようになり、、、。
『俺もいつか、、あんな写真を撮って見たい。』と思うようになり、
『どうやったらあんな写真が撮れるんだろう?』と考えるようになりました。
今では、、こうして、、私的なモノであるはずの写真が皆さんに観て貰える
ようになり、、自分の考えている事や感じた事に対して、、言葉まで
貰える場ができました。これから、、写真ともっと仲良くして
いきたいなあ、、と思っています。やっぱ、、好きだから、、。
今年は沢山の人にこのブログの事を知って頂く事ができました。
観に来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。
また、、来年も、、マイペースではありますが、、
写真を撮っていきたいと思います。
ので、、、お時間の許す限り、、観てやってください。
来年もヨロシクお願い致します。
[PR]
by mabatakishot | 2008-12-31 01:03 | in the room