「ほっ」と。キャンペーン

まばたき

I LOVE YOU

d0114066_11402627.jpg




イイ天気である。
虫歯の治療も順調に進んでおります。
神経ももう半分ぐらいナイそうで、、痛みも和らぎました。
残り半分の神経をとって、カブセモンをしたら終了だそうです。
ハハ、、なんだか、、お騒がせしました。
先日、武道館にてジョンレノンスーパーライブ
DreamPower2008が行われました。
今年もいいライブになりました。
今年はなんと言っても、、ヨーコさん、、ですね。
今年でもう8回目になるのですが、、
いつもヨーコさんのところの出番に関しては出たとこ勝負に
なり、ハラハラドキドキなのですが、、、
今回、僕は、、ヨーコさんのMCで特に感銘を受けてしまったMCがあったのです。
なんて言うんでしょうか、、それはある一種の『感動』であり、、『憧れ』でも
あった何かが一気に『身近』に感じた瞬間でもあったからです。
『私がなぜ、今、I LOVE YOU,,ILOVE YOU ってしつこい位言うのかって言うと、、』
ヨーコさんはジョンとの事について、武道館のSTAGE上で喋りはじめました。
それは、、僕にとってはまるで、、
(チョット失礼な言い方になりますが、、ゴメンナサイ、、ヨーコさん)
オノヨーコがジョンレノンについて話しているのではなく、
僕のよく知っている仲のいいオバサンが、僕が本当にお世話になった
大好きな旦那さんの思い出話をしてくれている、、そんな感じでした。
そしてそれはなぜか、『微笑ましく』、その『痛み』が伝わって来ました。
それは、ジョンレノンがこの世を去った『悲しみ』よりも
オノヨーコという人がジョンレノンという人を『愛した』という事よりも、、
そこにいる一人の女性が今は亡き一人の男性を『今でも愛している』という
事に僕は心動かされたのです。
(すいません、、僕はオノヨーコさんと特別仲良しではなく、ジョンにもお世話に
なってはいません、、ただ、、お二人共、、好きです。)
『私がなぜ、今、I LOVE YOU,,ILOVE YOU ってしつこい位言うのかって言うと、、』
『私はジョンが生きている時にちゃんと、、うまく、、彼にI LOVE YOUっていって
 あげられなかったの、、』

d0114066_1246065.jpg


僕はすごく、、よくわかる。
[PR]
by mabatakishot | 2008-12-12 12:52 | near fields