まばたき

総理大臣

d0114066_0391478.jpg




総理大臣という仕事は大変だ。
日本という国家の大黒柱である。
ただ、最近はどう見ても、大黒柱には思えないところに問題がある。
リーダーのはずがどう見ても、なんかようわからんけど、
『貧乏くじを引かされた虚弱体質なオッサン』
か『本当はやる気はないんだけど、仕方ないからやる雇われマスター』
みたいに思えてくる。
政治家の皆さんはとても大変だと思うが、目指すべき視点が
日本の未来というより、『いかに政治家でいれるか』の方に
視点がおかれているように感じるのは、僕だけなのだろうか?
何とか『派』とか、何々『党』とかイロイロとあるが、
何を考えて、、どう変えていくのか、、
きっとわかっているのは、、このままでは、、『ヤバイ』って
いう事ではナインでしょうか?
足の引っ張り合いをしていてもあんまり意味はなく、、、。
長い時間をかけてヤバクなってしまった現状を少しでもよくする為に
損得勘定捨てて、我が身をさらす勇気が必要な気がします。
先日、小池候補を推薦する事に決めた小泉元総理の談話に
『これで、小沢民主党に充分対抗できる』というのが、あった時には
もう、、幻滅の一言しかない。
そんな小泉さんが推すという現実に喜んでいる小池候補に至っては
総理大臣とはなんたるかをもう一度考えて欲しい。
政治家の皆さんは地元の国民の皆さんの応援によって、『選挙』
というものを勝ち抜き、今の職務についておられますが、
エライおっさん達が少し、肩入れなんぞもし、『出世』したところで、
この日本にいいことがあるかどうか、、
一国民の僕にとっては、ハナハナだ疑問です。
我が身をさらす勇気を持った次期リーダーを決して一人にはせず、
支えていこうと思える人が選ばれる事を願うばかりです。
さあ、、それは誰なんでしょうか?

d0114066_1221053.jpg


大切な問題です。
[PR]
by mabatakishot | 2008-09-14 01:26 | under the sky