まばたき

職人さんの場所

d0114066_142560.jpg




ここを綱元、もしくは綱場と呼ぶ。
舞台上のバトンをこの綱で操作するところである。
ある一定の経験を積んだ大道具さん、もしくは照明さんでないと
この操作をさせてもらえない。(まかされない、、まかせてもらえない)
という事は、、誰かがついて教えていかない限り、若い人達はこれをずーっと
触れない事になる。しかしながら、この仕事をずーっとしていって、
これを触った事がないとなると、それは問題である。
どこに問題があるか、、。その本人であり、その本人の先輩という事になる。
それだけではないが、今、この綱を操作できない若い人が多い。
理由はホールが新しくなって、電動でボタン一つで速度も可変できるような
最新設備が整ってきている事が多くなってきているので、
そんな事を覚える必要性がなくなってきている事や、
そういう現状によって、そういう機会が減ってきているからである。
今回、うちの若い舞台監督である『ちび』にこの綱の操作をやってもらった。
経験は浅い。なので、僕が教える。
教えるのはいいが、、教えているそばから、僕は操作を失敗した。
いいわけはできない、、

d0114066_124385.jpg


『これが一番やっちゃいけない事だ』
面目まるつぶれとはこの事だ。
[PR]
by mabatakishot | 2008-06-03 01:29 | back stage