まばたき

冬の幻

d0114066_22141128.jpg




ここ何日か、yasuのアルバム『BLACK LIST』の中の歌の一説を
このブログに掲載させてもらった。僕の中で好きなフレーズで
深い意味はないのだが、自分で書いていて少し、
後ろめたい気持ちになってきた。
なんかyasuが精魂こめて作った歌を安売りしているような
感覚に陥ってしまった。
僕自身がかかわったコンサートではあるが、
yasuがその身をけずるようにして生み出した歌である。
いろいろな想いがそこにはある。
少し、考えを改めたい。
僕自身の思いを書かせてもらう。
僕はこの『冬の幻』という歌が個人的に大好きなのだ。
大切な人を亡くしてしまった主人公が本当に素直に
ありのままの気持ちを歌う、、この歌のシーンの為に僕は今回の
setplanにシャンデリアを飾った。
今回の美術setには色々なイメージを連想させる具体的な造形物を作ったのだが、
このシャンデリアには僕の中で特別な想いがあった。
set全体を通してのイメージは、『廃墟』『喪失』『孤独』といったような言葉を
連想させるものであったのだが、誰か、、が、そこに存在する事により、
失われたモノが『蘇る』という表現を僕はstage上でしたかった。
朽ち果てて、もう二度と灯のつく事のないシャンデリアに
灯をともしたのは、まぎれもない『命』であるということを、、
それは『幻』かもしれない、、、
それでもそれは、、僕の心の中で生きているのだ。

d0114066_2381880.jpg


そんなシーンを造らせてくれたyasuに感謝してやまない。
そして、一緒に造ってくれた、美術デザイナーの江田君、
照明デザイナーの保阪、オペレーターの平君、、
本当にありがとう。
[PR]
by mabatakishot | 2008-06-02 23:15 | on stage