まばたき

look forward to ~ ing

d0114066_084238.jpg




ちょっと間抜けな話だが、、私の一日はトイレから始まる事が多い。
朝、目が覚めてトイレに座る。用がなくても座る。
最近、次女の英検だか、なんだかで目の前には英語の熟語が
並んでいる。長女の時もそうだった。
なんか試験が近々あるんだろう。
これ、、けっこう私にとっても勉強になる事が多い。
私は学生時代は学業はからっきし駄目だったので、
今さらながら、おうそうか、、
などと思ったりなんかしたりするのである。
娘達に英語を習わせようといいだしたのは私である。
それは私が海外へ行ってみて思った事なのだが、
英語がはなせると、(英語に限らず、外国語)
すごく楽しいだろうと、、、、。
そんな事を実感したのだ。
それはピアノを弾いている人や、
ギターを弾いている人を見て、
ああ、、俺もあんな風にできたらいいな、、という
のにとても似ていた。
どこか親のおしつけが入っているのだが、
そこは好きだの、嫌いだのがつけいる隙をあたえない程、
私の中の英語体験は強烈だったのである。
ラッキーな事に娘達は私やかみさんの提案を受け入れて
くれた。私はあまり娘達にああせい、こうせいと言わない
タイプだと思っているのだが、、
(事の真偽は本人達に聞いてみないとわかりませんが、、)
この英語の事に関してはたしか熱弁をふるった覚えがある。
『絶対、習っておいたほうがいい』と、、、、。
ああすればよかった、こうしておけばよかったという
事は私自身ふりかえれば、山ほどある。
そんな思いも含めて、私は私の周りにいる人達に
もの事を話す事が多い事に今日気がついた。
事務所で仕事の事を話していてもそうだ。
時としてそれはおしつけがましい事になるだろう。
だが、そんな風にしかできない時があるのだ。
私の中で大切な時ほどそうなのだ。
自分を重ねあわせてしまう事が多い、、。
そしてなんだかわからないけど、、肩透かしを喰らう、、、。
そんな事が多い、、。
そんな事に今日気づいた。
でも伝えるってそういう事じゃないか?

d0114066_0523551.jpg


と、、私はこいつに同意を求める。
ちょと、間抜けな話である。
[PR]
by mabatakishot | 2008-01-10 00:59 | in the room