まばたき

規則とは、、なんぞや。

d0114066_22445595.jpg




大変御無沙汰をしておりました。
少し、仕事の方が忙しく、ブログを更新して楽しむという
ゆとりもなく、、、、。
久しぶりに自分のブログをのぞいたら、心温まるコメントも頂いており、
感謝、感謝な次第です。
そして仕事の話しで恐縮ではありますが、、
少しばかり、気になった事を、、、、。

d0114066_22501049.jpg

大阪、東京、名古屋と3カ所でフリーライブを行いました。
大阪は大阪城野外音楽堂、東京は代々木公園野外音楽堂、
名古屋は久屋大通り公園という、すべて野外において
行われました。大阪では台風4号 MAN-YIが接近し開催もあやぶまれましたが、
この日を待っていたファンの皆さんの思いが通じたのか、MAN-YIが速度を
早め、本番の時にはさわやかな青空ものぞく天気となりました。
のきなみイベントが中止となるなか、現地STAFF河岸さんからは、
『あいかわらず、悪運強いですね〜。』と嬉しい?お言葉。
このイベントを行うにあたって、私の中にあったのは、
『敵は雨だけ。』だったのだが、、、とんだ検討違いだったのです。
この大阪、東京、名古屋を通して、私の前に立ちはだかったのは、
天候ではなく、、『規則』という名のものだったのです。
それも、私達の生命線とでもいうべき、、音に関する事。
音量規制という名の怪物だったのです。
初日の大阪会場ではしらなかったでは、、すまされない、、
状況が生まれて、、PAオペレーターの一之さんと頭を
抱えてしまいました。この仕事を長くやっていますが、、
実はどの会場も仕事で訪れるのは初めての事でした。
恥ずかしい話しですが、、下見もして、会場の方とも打ち合わせを
させて頂きましたが、当日になってそんな事を知らされる事に
なろうとは、、正直、、心の中では、、『聞いて、、ないよ、、。』
という響きがこだましておりました。
私にも非があるのは明白ですが、、きいてびっくりしたのは、、
会場に音量センサーが設置されていて、97dbを超えると、
『規則違反』として、、こちらの設置している仮設卓からの出力をこちらの意志
を無視して、マイナス制御されてゆくというシステム
内心、、『ふざけんな』でした。そんなことやらなかったけど、、
その監視室につながってる線をワイヤーカッターでぶっちぎって
やろうとさえ思いました。私達としては、、本当に『遺憾の意』を表明
したかったサウンドチェックでした。
ただその中でもいろいろな手を尽くし、本番を無事に終える事が
できた事に感謝しています。みな素晴らしいスペシャリストの皆さんです。
ここだけの話し、97dbなんて規則は考え直したほうが、
よろしいと思います。いろいろな事がありそういう規則を
つくられたとは思いますが、、そんな意見もあると小耳にはさんで
いただければ幸いです。そしてそのアホらしい音量規制システムを構築
されているのであれば、それを公明正大にきちんと、打ち合わせ時に
うたっていただけるとありがたいと思いました。

d0114066_2334167.jpg

大阪城野音の隣には、、こんなわんこと生活をされている
心やさしいおじさんがいました。
まさか、、このおじさんが、、クレイマークレイマーではあるまいが、、。

d0114066_23394125.jpg

ファンの皆さんが開演をいまかいまかと待っている様子です。

d0114066_23474553.jpg

そして本番が終わり、最後のトラックがでようとしています。
皆さんがいなくては、今日のライブはできませんでした。
おつかれさまです。そしてありがとうございました。
そして、、いざ、、東京へ、、、。

d0114066_23503096.jpg

開場を待つ、皆さんを歩道橋の上からパチリ、、、、。
本当に沢山の人が集まってくれました。
そして、、、名古屋へ、、。

d0114066_23531818.jpg

大阪で台風を追いやって喜びすぎたのか、、
名古屋はあいにくの雨でした。気象情報を頼りに仕込直前まで、
STAGEに屋根をつけるか否かの判断を迷いましたが、、降雨確率70%では
演奏に支障をきたす為、屋根をつける事にしました。
東海クリエイト 浜地さん、、いろいろとご尽力いただき
本当にありがとうございました。


d0114066_003678.jpg

ファンの皆さんが入る前の開場の様子です。
そして、、、
d0114066_025266.jpg

開場が始まりました、、あっというまに、、こんな、、、に、、。
雨にもかかわらず本当に沢山の方が集まってくれました。
ここは公共のスペースの為、音量規制がありました。
サンデーフォーク 匹田君、いろいろと本当にありがとうございました。
名古屋港に浮かぶ事にならず、、ほっとしています。
とにもかくにも素晴らしいSTAGEができた事、皆様に感謝しております。
これからもよろしくお願いします。
d0114066_0103464.jpg


【追記】

収録チームの皆さん、お疲れ様でした。
放送楽しみにしております。
[PR]
by mabatakishot | 2007-07-24 00:15 | back stage