まばたき

教育

d0114066_0385339.jpg




どうも最近、俺は愚痴が多いらしい、、。
いや、誰に言われたわけではないが、、そう思う、、。
先日の新人教育の件にしても、そうだ。
あんまりいい事じゃあない、、。
ブログにだって、、きっと書いていい事といけない事がある。
あまりにも自由な環境というものでも、誰かに見てもらいたくて
書いているのだ、、愚痴なんて面白くもないだろう、、。
まあちょっと思った事はいろいろ聞くとうちの新人君だけが
宇宙人じゃあないらしい、、。よく話に聞くのは『ゆとり教育』の
つけがまわってきているという話らしい、、。
そんなこんな話を聞いていると、ゆとり教育というか、教育そのものが
きっと僕らの頃から変わってきているんだろう。
僕らの時代にはかならずおっかない先生がいて、なんか悪さした日にゃ、
すぐにぶん殴られたもんだ。でもなんか今では、そんな事をした日にゃあ、
やれ教育委員会で問題になるだのと体罰はいけない事のようになってきている。
これも問題だ。事の善し悪しはその状況にもあるのだろうが、教育という分野に
おいても、なんにつけ『縛り』があるとやりづらいだろう、、。
どっちが先かわからないが、そんな事があるから、そこは『家庭』での教育だの
先生達の中でも都合のいい線引きができてしまって、教育そのものに情熱を持っている
先生達にとってはきっとやりづらいに違いない。
もし自分の息子、娘がぶん殴られたら、何があったか親は知るべきだし、
子供のあほさ加減が原因であれば、感謝するべきなのだ。
親もそんな事せずに、一方的に体罰に対して変な道徳観念をつきつけてゆくから、
どちらにとっても、都合のいい教育になってしまっているような気がする。
俺は小学校、中学校とぶん殴られたし、高校では、おふくろがなぜか
あやまり続けた、、。ぶん殴ってくれた先生にはなぜか今は感謝している。
それはなぜだかわからないが、はっと目が醒める感じに似ていた、、。
まあ、、アホ極まりなかったんだろう、、。
最近思うのだが、『義務教育』の意味がなんか逆転しているように感じる。
本来は俺達が必ず、教育を受ける権利がある事だったんだろうけど、
教える側に『義務』がかかっているようにとれる時がある、、。
こうやって教えなければならない的な、、、。
あくまで、、『義務』だから、、、。
だから勉強以外の事を学校はあまり、、教えなくなってしまったんではないだろうか?
教えずらくさせてしまうのは、いったいなんなんだろう?
ゆとり教育とはいったいなんなんだろう?
いや、、ゆとりをはずしてみたところで何かがかわるんだろうか?
もう娘も高校生になってしまっているが、ちょっと自らに問いかけてみる。
俺は娘にちゃんと何か大切な事を教えているんだろうか?
[PR]
by mabatakishot | 2010-11-13 01:14 | under the sky