「ほっ」と。キャンペーン

まばたき

やばい

d0114066_43101.jpg




なんか今日はオヤジの小言っぽくなりそうな気配だ。
最近は『夢』がなくなっているそうだ。
テレビのニュースじゃあ、やれ菅さんだ、やれ小沢さんの支持が
なんたらかんたらと盛り上がっている。
まあ今は要するに国の力が衰えているようで、『金』がないというのは、
現状の結果のようである。でも俺に言わせれば、『金』がない訳じゃなくて、
いわゆる『近い未来』に俺たちの親父やおふくろの世代の
人口が比率的に多くなって、国のかかえる債務、責務のようなものが増えてくるのが
わかってるのである。だって、、なんかおかしいもん。
俺が子供だった頃の方が、どう考えたって、今よりもビンボーっぽかったもん。
なんか較べる次元がおかしいかもしれないが、俺たちが野球やるときは
ユニホームなんか買えなかった友達が正直ごろごろいた。
俺もその手で、試合に出る時の、Gパンが恥ずかしかった、恥ずかしかった。
お金なんて¥¥なかったよ。でも、、今そんな子あまりみかけない。
きっと目立たないだけで、あるんだろうかもしれないけど、、、。俺達がガキの頃、
俺らの遙か、先輩の世代はなんか世の中の仕組みがイヤで、
『革命』とか本気で真剣に考えて、血気盛んな感じだったようですが、
それがいい悪いではなく、なんかこうむらむらくる感じが
世の中に漂っていたようである。そして俺達がその年になった頃では
もうそんな事、誰もが真剣に思わなくなってきていたし、
違う納得の仕方をしていったような気がする。
実際に『革命』なんて事に触れた事はないし
それこそ、ハイジャックだったり、『浅間山荘』の事件を
テレビでみたりした事しか記憶にはない。
オイルショックでトイレットペーパーがなくなるといって
買いだめしたりしてた世の中は、今思えばかわいい感じである。
ほんと、正直、今はあの頃よりなんかやばい感じがする。
それはなんかビンボーでも子供だった俺はなんか、楽しかったし、
悲壮感がなかった。でも今、もし野球のユニホームが買えなかったとしたら、
悲壮感がすんごいある。携帯買えないどころじゃない。給食費を滞納する
子供達は俺らの時代、たくさんいたのだ。でも今、どうなんだ?
そういう子供達は少なくなってきたんじゃないだろうか?
確実にあの頃より日常は豊かになっているはずなのだ。
なのにそれでもこの今の世の中は来るべき近い未来を憂いている。
言葉にできない閉塞感が、やんわりと覆っていてあたりさわりなく、
じわじわと何かを蝕んでくる。
それは人にとって大切な何かを蝕まれているような気がしてならないのだ。
俺達は知らず知らずのうちに何かを失おうとしているのかもしれない。
蓄積された得たいのしれない何かに蝕まれようとしている。
それがやばいのだ。
[PR]
by mabatakishot | 2010-09-14 05:56 | dogs