まばたき

世間という怪物

d0114066_0391442.jpg




今日は仙台から新潟へバス移動。
空模様は少々ご機嫌ななめな感じ。
でも新潟に近づくに連れ、晴れ間が、、、。
昨日は岡田JAPANの凄まじい戦いぶりに日本中の皆さんが
熱狂し、勇気をもらえたのではないでしょうか?
選手の皆さん、スタッフのみなさんおつかれさまでした。
そしてありがとうございました。
昨日の激闘は日本のサッカーの『殻』を破る戦いになったのでは
ないでしょうか?勝負に負けはしたものの、戦いはこれで終わるわけでは
きっとありません。日本のサッカーが目指してきたモノがあの戦いに集約されて
いたわけでも決してないと思いました。そんな中、岡田JAPANは勝つ為にあの試合、
全選手が全力で守りを固めていました。それは今回のワールドカップが始まって
から、貫いてきた岡田監督が標榜した作戦でした。凄かった、、。
試合が進むに連れて、パラグアイの選手、監督のいらだちがテレビの向こうから
手にとるように伝わってきました。がむしゃら、、日本の選手の皆のがむしゃらさに
実力の評価では格上のチームがいらだっているのです。
攻めても攻めても思うように決められない流れをパラグアイは結局、決定づける事は
できませんでした。それどころか、その間隙をぬってゴールに迫る日本のがむしゃらさに
背筋が凍る思いもしたのではないでしょうか?それほど日本の選手達、岡田監督、
全スタッフは一丸となって戦っていました。これまで僕はテレビでしかサッカーの
観戦をした事はありませんが、テレビのこちらまでそれが伝わってきたのは正直、
はじめてでした。岡田監督が指揮をとるようになって、結果がついてこずに、
色々な報道がされる中、迎えたワールドカップ。そして昨日、、。
岡田監督の言葉が本当に胸に染みました。
『勝たせてやりたかった、、。』
みんな勝ちたかった、、、。
みんな勝つところを見たかった、、。だから結果がでない理由を
みんなが好き勝手に言う。それはそれで当たり前なのですが、
結果がいい方に転び始めるとそんな声はでなくなる、、。
もしもという事はないが、予選リーグを突破できていなかったら、
岡ちゃんはどうなってたんだろう?
思いっきり守れば、思いっきり攻める事ができない、、。
思いっきり攻めれば、すぐにゴールをわられてしまう、、。
そんな現状、、。誰もがわかっていて、誰もが打開できない。
そんな日本、、。サッカーだけではない、、。
チーム日本を率いて現状を打開するには、勝って結果を出すしかない。
『勝ちたかった、、』ではなく『勝たせてやりたかった、、。』
という言葉に僕はいろいろな事を感じました。
岡ちゃん、、本当にご苦労様でした。
なぜ政治家の方にこんな気持ちになれないのだろう、、。
僕ら国民が何かに勝とうとする気持ちが足りないのかな?、、、。
何かって皆さん、、何だと思います?
サッカーと政治は同じところで語れはしませんが、、、。
[PR]
by mabatakishot | 2010-07-01 01:55 | 旅日記