「ほっ」と。キャンペーン

まばたき

下駄箱にラブレター

d0114066_0151142.jpg




僕らの時代にはそんな事がよくあったものだ。
ラブレターなんてものは、飛脚と同じ位、
とてつもない時代遅れになっていて違った意味で
恥ずかしいモノになろうとしている。
あの頃の時代には、、何にせよ『ドキドキ』が
伴ったものだ。好きな子に電話をする時でも
おふくろに聞かれたくないから公衆電話へいく。
冬などの寒い時期には電話BOXのほうがいい。
でも電話BOXは近所に一つしかない、、。
たいてい夜、電話をするのだが、、あの年頃の考えは
皆同じのようで、先客がいたりする。
『よろしくやれよ』、、とタバコをふかして待っているが、、
あんまり長電話だとこっちもいらいらしえてくる。
『お前ら何話してんだ?あん?』てな感じである。
今時の中学生の恋には、たくさんの10円玉も必要ないし、
下駄箱にラブレターも届かないだろう。
あの頃、中学生だった、親父の携帯電話のメールには
今は山ほどの『迷惑メール』が知らない女性の名前で舞い込んでくる。
おいおい、、見ず知らずの人にあんな事かいちゃあいけないよ。
ホント、、大迷惑だ、、。
[PR]
by mabatakishot | 2010-03-21 00:32 | near fields