まばたき

愛用品シリーズ カメラ編#1

d0114066_11223866.jpg




今日の写真はGR DGITALで撮ったモノ。
もう3代目となっていろいろなところが
ブラッシュアップされています。
初代GRDは酔っぱらって鞄ごと盗難にあい、、
二代目GRDは現場のどさくさにまぎれ行方不明。
僕はとことんGR DIGITALというカメラに嫌われて
いるのかもしれないというあらぬ錯覚におちいる
カメラです。(笑)おまけに35mm換算にすると
28mmという画角はここらあたりから僕が苦手意識を
持っている画角なのです。なぜかあたりさわりのない
絵になってしまうような気がして、、。
僕にとっては広すぎてしまう気がして、、結果、、
何を見ても同じに感じてしまうのです。
まあ、、いわゆる使いこなせていないという事です。
ただ現場でのライブで客席からバシバシ、構図とか
なんとかそんなものをおかまいなしにノーファインダーで
撮ると、なんかよくわからないけど躍動感に溢れる絵が
撮れた時には、目から鱗のような思いでした。
きっちりとした写真でなく、ある種、破綻しているその絵からは
その時の僕の状況とそこにいた者にしかわからないエネルギーが感じられたのです。
僕に新しい写真観を授けてくれたのがこのGR DIGITALなんです。
そしていつも僕のポケットにいる奴です。
そしてあいもかわらず、日々、似たような絵を量産してくれています。(笑)。
d0114066_1205171.jpg

そしてGRDと同じ28mmという画角をもつBiogon28mm。
巷での評判がレンズとしてすごくいい奴です。
確かに時々、僕の腕関係なしにはっとする絵を見せてくれるのです。
でもそれはちゃんと狙って撮れたものではない事を僕は
わかっているのです。(そこが苦手意識たるゆえんです。)
まだまだこいつで撮れていないものがたくさんあるような
気がしてならないのです。最近、フィルムでまた写真を
撮る事が多くなってきました。みなさんに見てもらえる瞬間に
であえる日々となるよう祈ってばかりです。
d0114066_1394842.jpg

そしてこのカメラという奴は僕にとって、、そうですね、、。
女性がいろいろな洋服で日々、おしゃれするように、実はレンズを
変えれるんです。そこにちょっとした楽しみがあるのです。
そのレンズの持つ個性を楽しむ事ができるのです。
これは正直、、好きな人にしかわからない領域です。(笑)
そしてこれは正直、ある種のもめごとの種にもなるんです。(爆)
[PR]
by mabatakishot | 2010-03-06 01:50 | near fields